Posts tagged: クロスボーダーキング

4月 05 2018

ChinaUnicom HK クロスボーダーキング

今日はChinaUnicomHKの香港・マカオ・中国・台湾共通のSIM「クロスボーダーキング」のお話。

私は、最近まで香港では、3HK(香港の電話番号)のSIM。

中国では、ChinaUnicom中国(中国の携帯電話番号)のSIMの2枚を海外用の携帯に入れて変えて使っていたんですが、中国のSIMに中々チャージする機会がなくて、とうとう繋がらなくなってしまいました。

それというのも、3HKは、Net経由でクレジットカードでチャージができるんですが、ChinaUnicom中国は、Net経由ででクレジットカード決済ができないんですよ。(だと思う)

何度かトライしてはみましたが、結局有効期限が切れてしまいました。

 

ま~ね、何時も中国SIMと香港SIMをフェリーの中で入れ替えるてのも面倒でしたので、この際、ChinaUnicom HKが出しているクロスボーダーキングというSIM で、簡素化を図ろうかなと考えた訳です。

しかも中国と香港で定額制の利用が出来るとの事で、お財布にも優しいかなと。

 

そこで、1月に香港へ行った際、深水埗(サムソイポー)の電脳街の露店を散策してみました!

安いのがないかなと探してみました。

何軒かの露店で販売していましたが最安の68HKDで購入できました。

 

商品はこちら!!

定価は138HKD!なので、半額ぐらいで買えましたね♪

こちらはバージョンが古く新しいバージョンが出ているので安いのかもしれませんね。

初回開通の有効期限は2018/12/31

 

深水で購入後、そのまま中国に持ち込んで使うつもりでしたが、ホテルでトライするも繋がらない!

マカオに戻っても繋がらない。。。

最初は、偽物か!!なんて思ったりもしましたが。。。

使い始めは、香港でないとSMSが届かない仕様だったようで、結局1月は使えずじまいでした。

このSIM、初回は香港で認証しましょう~!

 

このSIMの特徴は

1.香港の電話番号付きです。(初回開通時に電話番号が通知されます)

2.SIMのサイズは標準/Microに外せます。Nanoはカッターで対応

3.指定の国で通話とデータ通信が可能。

 香港・中国は定額制、台湾・マカオは従量制(MAX 68HKD/1日)です。

 中国・香港のデータ通信は定額300MB/7日と定額500MB/30日と定額1GB/30日から選択します。

 テザリングも可能です。

4.香港SIM ですので中国本土で規制のあるLineも中国本土で利用できます。

 その他も使える様ですが、使った事がないので分かりません。

5.初回残高は80HKDです。従量制の場所で使用する際は、すぐにチャージをお勧めします。表紙のQRコードからクレジットカードでチャージできますよ!!

6.使わなくても毎月6HKDの基本料金が引かれます。

 チャージをすれば料金に応じて有効期限が延長されます。

  30~99HKD  リチャージ: 90日
 100~299HKD リチャージ:180日
 300~499HKD リチャージ:360日
 500HKD以上~ リチャージ:540日

 

開くと右の上にカードが刺さっています。

 

 

 

日本語の取説はありませんでしたが、書き方で理解できると思います。

APNの設定ですが、私のASUSの海外用携帯電話では自動で設定されました。

androidとiPhoneの設定方法が書いてあります。

 

 

中国、香港、4泊5日で$48/300MB/7日の定額制で使ってみましたが、Wifiも利用しながら利用したので余裕で大丈夫でした。

 

マカオは従量制の為、なるべく機内モード+Wifiで運用し、世界遺産等の場所ではWifi-goが飛んでいますので、そこを利用をしました。必要な時には、機内モードを切って普通に接続して使えました。マカオ、台湾は従量制ですが1日のMAXは68HKDなので、この料金なら色々調べながらの移動でも負担は少ないと思います。

 

ただ、残念なのは中国の携帯電話番号がない事。

中国国内での認証なんかでは、中国の電話番号にSMSを飛ばして認証する事が多いので残念かな~。

次回中国へ行く際には、購入したいと思います。

2枚SIMを入れられるので、中国の際には通話は中国SIM、データーはクロスボーダーキング何て考えています。

ちょっと雑談でした。

P-1

Alibi3col theme by Themocracy