7月 17 2018

ビンディングペダルは信号ぐらいでは外さない!

いいお天気が続いています。が、日中は暑すぎて自転車に乗れません。

涼しくなるまでは朝、夜の通勤オンリーかな~(笑)

 

皆さん、自転車用のビンディングペダルってご存知でしょうか?

ペダルと専用の靴がワンタッチで一体になるって代物。

差し込んで踏み込むとはまり、外側へスライドすると外れるという感じです。

スキーの板と靴を付けるみたいな感じでだそうです。

 

こういう、足を固定するペダルは、踏んでるペダルの反対側の足は上へ引くという、引き足を使えるので、ペダリング効率が良くなります。

このペダルにはロードタイプと、MTBタイプに分かれています。

感じ、歩かないタイプ(ロード)と歩けるタイプ(MTB)と思っています。

 

下はロードタイプのペダルと接続部分のクリートと呼ばれる部分です。

 

 

よく聞くのが立ちごけ。

外れなくてどうにもならず、ポテッとこけられる感じですね。

買いに来る方も、「外れやすいのありますか~」とか「簡単なのありますか~?」なんて聞いて来られますが、初めての人には、どれも外しにくいですよとお伝えします。

 

外れ難い外れ易いは、比較して初めて分かる事だと思うので、今までフラットペダルを使われていて一度も経験された事の無い方にはどれも分からないので、外れ難いですよと伝えます。

ただ、そう言ってしまうと、敷居が高くなるばかり。

サイクリングで距離を稼ぐとかレースに参加される方には必需品かと思います。

例えばビンディングの構造を予め頭に入れておくとか、外すタイミングを早めにする(あまりスピードが落ちていない時に外す)、靴をしっかり合わせる等の事で恐怖心が薄くなるのではないかと思います。

後は慣れです(笑)

 

ペダルとクリートの構造は、例えば、どうすればはまって、どうすれば外れるかって事を少し頭に入れておくだけです。

靴を買われる場合にはしっかりサイズを合わせて買う事です。

緩い靴では、足をスライドさせても、靴の中で足が先に動いてしまうので思ったように捻らないと外れないことがあります。

それと、慣れない方がスピードが落ちて止まる直前にクリートを外そうとしても難しいと思います。

前方の信号や交通状況に応じてスピードが落ちていないタイミングで、少し余裕を持って外しておくのもいいかもしれません。

他にも色々あるんですが。。。

 

私的には、信号で止まるぐらいで、わざわざクリートを外す必要はないと思っています。

金網とかね電信柱に張り付け(手を伸ばして持てばいい)ば良いわけで(笑)。

それをやると、信号が変わって出ていく時もスッと出られます。

外していると、クリートをはめに行くのにフラフラしてしまいますし。

外す方が危ないと私は思っています。

 

ちなみに私の通勤は片道25Km ですが、街中で電信柱もフェンスも盛りだくさんなので1回外すか外さないかです(笑)。

 

急な停止や接触などの時は、ビンディングペダルでなくても誰でも転んでしまいますのでこれは仕方ないと思っています。

 

楽しく快適なサイクリングを!!

 

P-1

 

 

 

 

 

Leave a Reply

Alibi3col theme by Themocracy