Category: 健康

9月 28 2018

健康診断の結果!

今日は朝から仕事でした。

 

仕事場でね、今年から入った新人のおっさんなんですけどね。

最近、社員になったらしく、ちょっと態度がデカいなと思ってたんです。

そしたら、7月辺りから突然、私を無視しだしたので何じゃこいつ?って思ってたんです。

ま~、その理由が不明なんで、無視されても一方的に喋ってやるんです(笑)!

そのしぐさがね~。。。ほんと笑える。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッ!!

しかしね~もう50も過ぎて、無視って。。。こんな人いるんですね~。。。子供か!!(爆笑)

文句があるなら言って来い!!って感じなんですが。

 

まっそんなのはほっといて。

 

香港から帰国後、郵便受けには、先日の健康診断の結果が入っておりました。

なんか分厚い様な~アハハ、、、☆:・.*・.ヽ(T-T )ノ ヽ( T-T)ノ .・*.・:☆、、、アハハ

分厚いのは、腸の検査用のキットでしたが、ε-(´∀`*)ホッ

しかし、もう2通。

検査結果と、病院の紹介状!ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

肺癌の疑いで、再検査が必要との事。。。(;´д`)トホホ

 

ま~若い頃にはタバコ吸ってましたし、サイクリングなんか排ガスの中ですしね、怪我で肺気胸なんかも何度も経験してますんで、そんなのも有りかなと。

 

て事で、さっそく先週、心臓でお世話になっている大きな病院へCT撮影に行ってきました。

急に行っても診察だけなんでしょうが、私には秘策が。。。( ̄ー+ ̄)キラリ

 

ま。その秘策を使って受付をして1時間後にはCT撮影開始!!

2時間後にはドキドキの結果発表!v( ̄Д ̄)v イエイ

 

CTの結果は特に問題なしって事でちゃんちゃん。

影があると言われてた部分に影は無く。。。

なんで再検査なのか意味が分からないとの先生の見解。

 

しかし、過去の何かの原因で、嚢胞?(何か肺の後ろ辺りに袋の様なもの)があるので、今後がんに発展する事も稀に有るとの事です。

 

ま~とりあえず良かった。

 

P-1

9月 01 2018

初バリュウム!

もうすぐ半年ぶりの香港です。

めっちゃ、楽しみです♪

今回は相方も一緒なんで、準備万端にしたいんですが、何時もながら中々準備が進みません。。。(^^ゞ

忘れ物の無いようにしたいと思ってます(笑)

 

先日、市から毎年案内の来ている身体検査を受けてみました。

有料の追加オプションで胃がん検査デジタル撮影でバリュウムを飲みました。

初バリュウム!

相方が看護助手をしている関係上、色々と話を聞いていて、嫌だな~って思っていたんですが。。。

検査は思った以上に簡単でこんなの楽勝~って感じでしたが、終わってからが大変でした。

 

検査後、相方が「体調が悪くなるよ」って言ってたのが当たりました。

今日で3日目ですがドヨ~ンとした感じです。

下剤を飲んでバリュウムを出すんですが、これが思いの外、しんどかったです。

今日あたり、バリュウムは出きったようで、普通の便の色に変わりましたが、まだ緩い便が続いてるといった感じです。

P-1

 

8月 02 2018

血液検査

今日は3か月毎に行う心臓の定期健診でした。

 

今回は久しぶりに血液検査と心電図を採りました。

どれもほぼほぼ基準値内に収まったようです。

特に下がったのは、「中性脂肪(TG)」です。

一時期は1200㎎/dl はありましたか。。。。今は150㎎/dl!!

上限値いっぱいですが、ここまで下がりました。

 

先月辺りから左足の膝から下が靴を履いて作業や歩いたりすると少ししびれて来るので、血管でも詰まったか?と先生に相談しましたが、特に問題ないとの事。

今、自転車のペダルの踏み方を変えてるので足首辺りが疲れてるんでしょうね。

数日前からしびれが軽くなっているので、様子見という感じです。

 

次の検査は11月。

もうちょっと節制してみましょう。

 

そうそう、自転車のペダルの踏み方を変えてるというのは、30歳ぐらいに右大腿骨骨頭の剥離骨折を経験しております。

その際、レースが続いていたもんですから、リハビリもせずに痛さをこらえてレースに参加しておりました。

その後、踏み出しの足が利き足の右ではなく、左で少し踏んでから右足という感じで、おかしなペダリングになってしまいました。

右足に力が入らず、背筋やその他筋肉も左右のバランスが崩れてしまいました。

 

現在ロードバイクに乗っていると明らかにペダルを回すテンポが悪く、綺麗にペダルを踏めませんので、現在そこを修正しています。

綺麗に回せると楽ですからね~♪

P-1

Alibi3col theme by Themocracy